【小さな巨人】あらすじ・脚本家はだれ?原作はある?

   

小さな巨人

スポンサーリンク



2017年4月16日(日)21時〜スタートする【小さな巨人】

原作の無い完全オリジナルストーリーの刑事モノだそうです。

今年の春ドラマは刑事モノや探偵モノなど、推理系が多いですね!

この【小さな巨人】は完全オリジナルの推理系ということで、犯人推察等またネットが賑わいそうです。

今回は【小さな巨人】のあらすじ、また脚本家をご紹介したいと思います。

【小さな巨人】あらすじ

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

引用元:http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

スポンサーリンク



【小さな巨人】脚本家・丑尾健太郎

プロフィール
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
名前:丑尾健太郎(うしおけんたろう)
生年月日:1976年5月28日(40歳)
学歴:神戸大学経済学部卒業
主な作品:『ショムニ2013』『HEAT』『無痛』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大学卒業後に、映画やドラマなどの台本を手掛ける印刷会社に就職します。

その後、オールジャンルの脚本を校正しながら創作・執筆技術を培った為、現在もドラマや映画だけでなく、舞台やアニメなど幅広い分野で活躍されています。

 

【小さな巨人】脚本家・八津弘幸

プロフィール
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
名前:八津弘幸(やつひろゆき)
生年月日:1971年9月1日(45歳)
学歴:日本大学芸術学部卒業
主な作品:『半沢直樹』『下町ロケット』『家政婦のミタゾノ』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1995年〜フジテレビのアシスタントプロデューサーを務めます。
そして2000年の『勝負師伝説 哲也』からストーリーの構成に関わるように。

八津弘幸さんは主な作品にも挙げていますが、あの『半沢直樹』を手がけた方です!流行りましたね〜『やられたらやり返す、倍返しだ!』。
最終回の平均視聴率なんて42.2%です。瞬間最高視聴率に関しては46.7%!テレビ離れが進んでいると言われていますが、そんな風潮を覆しましたね。

また『下町ロケット』では『ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞』を受賞しています。

八津弘幸さんが描く刑事モノはどのようなものなのか気になりますね!

 

まとめ

八津弘幸さん脚本の『日9』には欠かせなくなってきている、香川照之さんの出演も決定したということですし、これはまた見逃せないドラマですね!

しかも刑事モノ…とても楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



 - 小さな巨人