【東京タラレバ娘】KYEの元妻・沢田曜子は村川絵梨!

   

tarareba

【東京タラレバ娘】第5話でついにKEYの過去が明らかに?

謎に包まれたKEYの過去でしたが、原作でも最近の第7巻で明らかになったばかりなのに?

なんだか展開が早い気もしますが(笑)

今回はKEYの元妻・沢田曜子役で登場した、村川絵梨さんについて調べてみたいと思います。

 

【東京タラレバ娘】第5話あらすじ

気づけば恋だけでなく仕事まで失ってしまっていた倫子(吉高由里子)。 占いでも「あんたは完全に手遅れ」と言われ、厳しすぎる現実に落ち込んでいたある日、長身でイケメン、さらに性格もいいバーテンダー・奥田(速水もこみち)と出会う。

「運命の出会い?」と、あっという間に心惹かれていく倫子に、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)は「結婚のチャンスかも!?」とはやし立てて盛り上がるが、 KEY(坂口健太郎)は「結婚は夢ではなく現実だ」と厳しい言葉を投げかける。

そんな中、早坂(鈴木亮平)から倫子の元に、『恋するシーズン』の脚本家が倒れたと連絡が入る。 そこで急遽、複数の脚本家の中からコンペ形式でピンチヒッターを探すことになったというのだが、仕事のない倫子は迷わずチャレンジすることを決意。 絶好のチャンスを逃すまいと不眠不休で執筆作業に没頭する……。

一方、香と小雪は、先の見えない現状から脱却しようと心に誓う。元カレの涼(平岡祐太)からの連絡をスルーする香。 不倫相手の丸井(田中圭)と、もう会わないと決意する小雪。そんな二人だったが、心は揺れて……。

引用元:TBS公式サイト

スポンサーリンク



【東京タラレバ娘】沢田曜子

原作では、KEYこと鍵谷春樹が小さい頃に急性胃炎で入院していた病院の担当医として登場します。

その当時KEY10歳、曜子24歳、年の差14歳でした。

そして8年後に曜子も元を訪れたKEYは、曜子に進行性のガンだと告げられます。

曜子は医者になる事以外にもう一つ夢があり、「お嫁さんになりたい」とKEYに告白。その夢を叶える為に、曜子とKEYは結婚します。

一方ドラマで沢田曜子は高校時代の先生として紹介され、原作とは違う設定でしたが、病気ですでに亡くなっているという、根本的な設定は同じでした。

 

【東京タラレバ娘】村川絵梨


プロフィール
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本名:村川 絵梨(むらかわ えり)
生年月日:1987年10月4日
現年齢:29歳
出生地:大阪府
身長:163cm
血液型:A型
職業:女優
好きな食べ物:干し芋
事務所:アミューズ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1998年頃より、大阪市にあるボーカル&ダンススクール「キャレス」に通い始め、2002年に4人組アイドルグループ「BOYSTYLE」として歌手デビュー。

2004年、所属事務所アミューズの設立25周年の記念に作られた映画『ロード88 出会い路、四国へ』で主演・槙村明日香役に抜擢され、本格的に女優業に進出。

2005年、NHK連続テレビ小説『 風のハルカ』で主演の水野ハルカ 役を演じて話題となった。

その後はテレビドラマを中心に女優活動を続け、

•『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(2006年・日本テレビ)萩原早紀 役

•『グッジョブ Good Job』(2007年・NHK総合)斉藤直 役

•『セクシーボイスアンドロボ』(2007年・日本テレビ) 林一海 役

など、登場機会の多い役どころで出演。中でも2009年放送の『ROOKIES -卒業-』では、マネージャーの 八木塔子 役
を演じ、一躍注目されました!

そして2016年公開の瀬戸内寂聴原作の同名小説を初映画化した『花芯』で主演の園子を熱演。大胆なヌード姿で濡れ場を演じ、高い評価得ました。

まとめ

【東京タラレバ娘】第5話で明らかにされた、KEYの過去。そして死別した元妻・沢田曜子との思い出。

今回は沢田曜子役を演じた村川絵梨さんについて調べてみました。

原作でKEYは、元妻の面影を倫子にみつけ、倫子に惹かれて行く設定でしたが、倫子役の吉高由里子さん似の女優さんと言うとかなりハードルが高いですよね。(笑)

ドラマと原作の違いを見つけるのも面白いかも♪

倫子の恋はどうなるのか?新たに登場した速水もこみちさん演じる奥田との関係も気になるところ!

今後の展開に注目ですね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



 - 東京タラレバ娘 ,