【リバース】主題歌はシェネルの『Destiny』に決定!

   

リバース

2017年4月14日(金)22時〜スタートするTBSドラマ【リバース】

“イヤミス”の女王である湊かなえさんが原作、また豪華すぎるキャスト陣ということで話題となっていますね。

そして先日、主題歌がシェネルさん歌う『Destiny』に決まったということです!

シェネルさんと聞いて思い浮かぶのはラブソング。『ラブソング・プリンセス』と呼ばれているぐらいですからね。
あとはカヴァー曲…といった感じですが、まずシェネルさんをあまり知らない、名前は聞いたことあるけど…という方も少なくないはず。

なので今回はシェネルさんについてまとめてみました!

スポンサーリンク



【リバース】あらすじ

深瀬和久(藤原竜也)は、冴えない男だ。有名大学を卒業しながらも、地味でつまらないほど普通の人生を送ってきた。唯一の彼の取り柄は、美味しいコーヒーを淹れること。そしてその度に彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平)を失ったことだった。それは10年前、大学のゼミ仲間5人とのスノボ旅行中に起きた悲しい事件、それは――。

いつもの仕事帰り、深瀬は行きつけのコーヒー店へ寄ると、そこには懇意にしてくれる乾恭子(YOU)と圭介(バッファロー吾郎A)夫婦の、いつもと変わらない笑顔があった。そんな恭子の計らいにより、深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)という女性と運命的に出会う。 頼りない自分にも明るく接する彼女の姿に、いつしか強く惹かれてゆく深瀬。そんな深瀬の自宅に「人殺し」という張り紙がされていた。驚きを隠せない深瀬だったが、そんなとき深瀬は、10年前に起きた広沢の事故死の秘密を墓場まで持っていくという、ゼミ仲間との約束を思い出していた。

そんなある日、深瀬が通った大学の、教授の退官祝賀会を知らせる手紙が届いた。広沢のことを思い出すのを恐れながらも会場へ向かった深瀬は、10年前の旅行メンバーである、社会科教師の浅見康介(玉森裕太)や、県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大)、村井の妹・明日香(門脇麦)の夫で大手商社マンの谷原康生(市原隼人)らゼミ仲間と再会する。また、その会場には広沢の母・昌子(片平なぎさ)も訪れていた。広沢の死後、8年ぶりに会う昌子に対し気まずさを覚える深瀬たち。一方、そんな深瀬たちを遠巻きに見つめる一人の男、ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)の姿が……。

引用元:http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/

 

ラブソング プリンセス・シェネル

シャネル

出典:リバース公式サイト

プロフィール
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
生年月日:1983年3月10日(34歳)
職業:シンガーソングライター
活動期間:2006年〜
ジャンル:R&B・ダンスホール・ヒップホップ・レゲエetc…
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シェネルさんはマレーシアの華人(中国系住民)の父親と、インド×オランダのハーフである母親の間に産まれます。主に日本で活躍されてるイメージですが日本の血は入ってないんですね!
生まれたのはマレーシアですが、10歳の時にオーストラリアへ。それからはオーストラリアで育っています。

2006年〜活動を開始し、翌年にはシングル『ラブ・ウィズ・DJ』でデビュー。ですが海外ではあまりいい結果を残せず日本でのみヒットした為に、日本での活動が増えたんですね。バラード系のイメージが強いので、デビュー曲がレゲエだということのは驚きです!

そして2010年、カヴァーアルバムの『ラヴ・ソングス』を発売。これが大ヒットしたんですね〜。特にこのアルバムに収録されているTEEさんの『ベイビー・アイラブユー』がシェネルさんの代名詞となるくらい、特に10〜20代の女性の間で流行ります。実際このカヴァーアルバムでシェネルさんを知った方も多いのではないでしょうか。

その後も映画『BRAVE HEARTS 海猿』やドラマ『ディア・シスター』などの主題歌に抜擢されるなど、日本での活躍も続きながら、現在はロサンゼルスを拠点に活動されているようです。

英語・中国語・マレー語と多国語を話しますが、まだ日本語は苦手なようで…だからですかね、あまりテレビなどでも見かけることはないですよね。

 

まとめ

話題のドラマ【リバース】で主題歌に抜擢されたシェネルさん、『リバースでは交錯する想いの中、人は出逢い、そして惹かれ合う、それもまさに運命です』とコメント。
贖罪』と『友情』が入り混じる、予測不能なミステリードラマにどのような曲を提供されたんでしょうね。

ドラマと共に、そちらの方も楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



 - リバース ,