「逃げ恥」第1話「プロの独身男と秘密の契約結婚」

      2017/01/16

nigehazi-utidario

10月11日放送の初回「逃げ恥」第1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめてみました。

原作は月刊「kiss」(講談社)で連載中の海野つなみさんの大人気作。

TBSドラマ、3年半ぶりに登場する新垣結衣(あらがきゆい)さん演じる主人公森山みくりと、連ドラのラブコメ初挑戦の星野源(ほしのげん)さん演じる津崎(つざき)のドタバタラブコメディー。

放送前から話題だったこのドラマの第1話を、あらすじや感想、まとめてみました!

これから「見たい!」と言う人は観覧注意!

「逃げ恥」第1話・あらすじ

主人公の森山みくり (25歳) は、彼氏なし、院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、そしてただ今求職中。「誰からも必要とされない辛さ」 を日々感じている。

そんなみくりを見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡 (35歳) の家事代行として働き始めることに。かゆいところに手が届く働きぶりで津崎の信頼を勝ち取ったみくり。

しかし、あるキッカケでその仕事も失いそうになる。将来に不安を抱え追いつめられたみくりは、ひょんな会話の流れから津崎に 「就職という意味で結婚するのはどうですか?」 と提案してしまう。

超真面目な津崎が導き出した答えは… まさかの契約結婚 !?

2人は周囲には秘密にしながら 「雇用主=夫」「従業員=妻」 の関係を始めるが、バレずに新婚生活を過ごすことが出来るのか !? 一つ屋根の下で生活する妄想女子とウブ男… 果たして契約結婚の行方は…?

引用元:http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/story/story01.html

スポンサーリンク



 

「逃げ恥」第1話・ネタバレ注意!

「プロの独身男と秘密の契約結婚」

派遣社員として働く森山みくり、働きながら受けるインタビューで

「毎日が充実してます。」

と、情熱大陸に派遣社員として出演?と、思いきや、これはみくりの妄想の中、夢からさめるように同僚に呼ばれ、みくりは上司のもとへ向かいます。

「クビ、ですか?」

理想と現実の違い、いきなりクビを切られるみくりからドラマははじまります。

プロの独身男、津崎との出会い

実家で過ごすみくりに突然父から一方的に、家事代行の仕事にに行かされる事に。 時給2000円で、システムエンジニアの津崎の元に 始めて出会う、みくりと津崎

「初めまして森山です。」

「森山栃男(とちお)の娘です。」

みくりが想像以上に若く、あぜんとする津崎にハキハキ答えるみくり。 家に上がると津崎からの契約内容が話されます。

とりあえずは採用試験もかねてお試しで働く事に、几帳面な津崎と明るいみくり、みくりもまんざらでもない様子で、家事を初めます。

叔母の百合(ゆり)と二人で津崎の事を話すみくり、ここでも二人で百合の情熱大陸風の妄想は続きます。 百合は49歳独、身化粧品会社広報で部長代理で処女。

「こんな事なら深く考えずにささっと結婚しとけばよかった。」

と愚痴るゆりにみくりは

「ゆりちゃんが羨まし」

と励まします。 そんなみくりに津崎からのメールが、みくりは晴れて家政婦として正式に採用される事になります。

焦るみくりが契約結婚!?

やはり情熱大陸風に家政婦の仕事をこなしていくみくり、そんなある日に実家でご飯を食べる家族にいきなり父が、田舎で古民家生活をすると言い出し、両親は家を手放し千葉の館山に移住する事になります。

急に住む場所が無くなり焦るみくりが、津崎にこのままでは仕事が続けられない事を打ち明けます。

お互い順調な関係だっただけに津崎もなんだか名残惜しそう。 そこでみくりが

「ならいっそ、結婚してよ!」

「家事代行を雇う感じの契約結婚!」

と、衝撃告白。唖然とする津崎に

「冗談ですよ。」

とごまかすみくり。 一方、津崎の会社ではトラブルが起こり、津崎は徹夜続きで体調を壊してしまう。 そんな津崎を看病するみくりに津崎の心も揺れ動きます。

そんな津崎から「事実婚の提案」が、みくりは「やります!雇って下さい!」と即答、こうして籍を入れずに住民票だけ津崎の家に移す契約結婚がはじまります。

「逃げ恥」第1話・感想まとめ

いきまり情熱大陸風にはじまるオープニングに、原作を読んだ人も納得のスタート。何と言っても、みくりの妄想シーンは「逃げ恥」を語る上では外せませんよね。ガッキーの可愛さと相まって、見ていて思わず笑ってしまいます。

星野源さん演じる津崎も、ちょっと無愛想な感じが出てて、35歳童貞男を上手く演じてらっしゃる。(笑)家政婦さんを雇えるほどのお金持ち、でも実際にガッキーみたいな家政婦さんがくる事無いから!よの男性人は夢見ちゃだめよ。

脇を固める俳優人も豪華で、原作にはない楽しみの一つですね。

石田ゆり子さん演じる、みくりの叔母、土屋百合(つちやゆり)こんなに美人で生涯独身で処女、、、「んっな事あるかーい!」と言いたくなるけど、実際いたらかなり正確悪くないと、世の男は放っときませんよ。

津崎の同僚も皆個性派は揃い!いい味出してる沼田瀬綱(古田新太)、イケメンでフェロモンムンムンの風見涼太(大谷亮平)、おちゃめで家族思いの日野秀司(藤井隆)と豪華な顔ぶれ。

今後、どんな展開になって行くのか楽しみです!

 - 逃げるは恥だが役に立つ , ,