【カルテット】第9話・真紀の母親役は「ネコ吸い」坂本美雨!

      2017/03/15

karutetto

スポンサーリンク



2017年1月17日より毎週火曜日22時放送のTBS系ドラマ【カルテット】

第8話では、真紀さんの“お離婚”で、動き出す司の思い。

さして司を思いやる、すずめちゃんのけなげさ…。

司のバカ!

【カルテット】第8話見逃し配信!無料で視聴するで視聴する方法教えます!

と、言うわけで、今回は第9話でゲスト出演する、坂本美雨さんについて、調べてみたいと思います。

 

【カルテット】第9話あらすじ

大菅(大倉孝二)から真紀(松たか子)が全くの別人だったと告げられた鏡子(もたいまさこ)。警察が真紀を捜査していると知り、激しく動揺する。

一方、真紀らの元に、別荘の査定見積書を持った不動産鑑定士が現れる。売却話が出ていたにも関わらず、真紀、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)に黙っていたことを謝罪する司(松田龍平)。不安に思う3人に対し、司は自分がなんとかするので少し時間をくれと申し出る。

別荘問題はあるものの、ドーナツホールの夢を語らい、古くからの友人のような家族のような生活を送る4人。
そんなある日、真紀の元へある人物がたずねてきて……。

「私、早乙女真紀じゃないんです……」
真紀は一体何者なのか?

引用元:TBS公式サイト

スポンサーリンク



【カルテット】坂本美雨

プロフィール
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本名:坂本美雨(さかもとみう)
別名:Sister M
生誕:1980年5月1日
現年齢:36歳
出身地:日本
事務所:プロマックス
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

坂本美雨さんのお父さんは坂本龍一(さかもとりゅういち)さん、お母さんは矢野顕子(やのあきこ)さんという音楽一家に生まれます。

1990年、美雨さんが9歳のころに家族でニューヨークに渡り、高校を卒業するまでニューヨークで過していたので英語と日本のバイリンガルなんだそうです。

16歳の頃から音楽活動を始め、現在は都内を活動の拠点しているようです。

ちなみに、名前の「美雨」は、突然変異を意味する英語「ミュータント(mutant)」に由来し、お父さんの坂本龍一さんが名付けたそうです。

歌手である美雨さんですが、2006年に竹中直人さんの勧めで、舞台『竹中直人の匙かげん2』に出演し、女優デビューされていますね。

また、無類の猫好きとしても有名で、ネコに関する本を多数執筆、2014年には『ネコの吸い方』(幻冬舎)を発売した事により、自称“ネコ吸い”と言っている。

「ネコを吸って愛する」なんて、かなり変わったネコ好き(笑)

 

まとめ

今回は【カルテット】第9話でゲスト出演する、坂本美雨さんについて調べてみました。

まだどんな役なのかは公開されていませんが、予告動画に少しだけうつっていたのが美雨さんのようです。

真紀さんは早乙女真紀じゃない?じゃあいったい?

美雨さんが演じるのは真紀の過去を知る人物か?それとも本当の早乙女真紀なのか?

物語もここにきて更なる謎だらけで、毎回見逃せない【カルテット】

第9話も絶対見逃せません!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



 - カルテット ,