【カルテット】第8話すずめちゃんバイト決定!社長は多才なあのお方?

   

karutetto

スポンサーリンク



2017年1月17日より毎週火曜日22時放送のTBS系ドラマ【カルテット】

カルテット第7話ではついに真紀幹夫が“お離婚”しましたね〜。

しかし何と言っても真紀すずめに小声で言った『抱かれたいの』が印象的でした。んぅ〜!切ない!

真紀は本当に幹夫が好きだったんだと改めて思わされる一言でしたね。

【カルテット】第7話・無料視聴する方法!見逃し配信動画!

そんな大好きな幹夫と別れて、幹夫は出頭し、晴れてフリーになった真紀と司含め、四人の四角関係など見所満載だった第8話。

今回はなんとあのベテラン俳優も出演!

 

【カルテット】第8話あらすじ

わかさぎ釣りに行った真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)の4人。初めは好調に釣れており気をよくしていたが、次第にまったく釣れなくなってため息をつきだす。嫌な雰囲気を変えるため、真紀は昨夜見た夢の話をするが、またもや諭高が持論を展開する。

真紀が離婚したことで、より一層4人での生活は和気藹々としたものに。そんなある日、すずめの司への想いを知る諭高は「真紀さんが離婚してピンチじゃない?」とふっかける。しかしすずめは「真紀と司をくっつけるために協力して欲しい」と諭高に頼み、真紀と司をデートさせようと試行錯誤して……。

全員、片思い完結!?
四角関係の行方は?
そんな中、“最後の嘘”が明らかに……。

引用元:TBS公式サイト

 

スポンサーリンク



すずめのバイト先の社長・根本にミッキーカーチス!

司の弟が別荘売却の話に来た際、メンバー4人のことを『ダメ人間』と言って、司は反論。

それをすずめちゃんは聞いちゃうんですね。

そして、すずめは独立しようと、まずはアルバイトを探します。
その決まったバイト先にいたのはおじいちゃんばかり(笑)
その中にいた中心人物である根本こそがミッキーカーチスさんです!

すずめと根本の会話、奥が深かったですね〜。
自分の司への『好き』の定義を話すすずめ。それを聞きながら相づちを打つ根本。

根本の『輝いてるね』には心が痺れました!

 

ミッキーカーチスってどんな人?

根本を見て、このシブい粋なおじいさまは誰?って思った方は少なくないはず。
特に若い方は知らない人も多いのでは?

ミッキーカーチスさんは一言でいうと…
名前がたくさんあって才能に溢れたとにかくスゴイ人!です(笑)

プロフィール
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本名:マイケル・ブライアン・カーチス
のち(加千須 ブライアン)

別名義:五十嵐 信次郎
川路 美樹(作詞家)
ブライアン・カーチス(レーサー)
ミッキー亭カーチス(落語家)
加千須 岩水(華道家)

生年月日:1938年7月23日(78歳)

職業:ミュージシャン・俳優
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いかがでしたか?
ちなみに名前の後に()で書いているのは、そのお仕事の時はその名前で、ということです。

三度目の正直で継続中の現在の奥様はなんと33歳歳下。今は奥様も一緒にタイに住んでいるそうです。そして仕事のオファーがあれば日本へ…というライフスタイルみたいですね。

んぅ〜…ホント謎の多いかっこいいおじいちゃん!(笑)

しかし【カルテット】でも本当に味のある演技でしたからね。
まぁ演技してるというよりも、セリフを持ち味でそのまま読んだらそうなった、って感じもしますけど♪

78歳だからこそ出せる味なのかな〜といった感じです。

 

まとめ

とにかく今回も【カルテット】色が強かったですね。ちょっとしたところに仕掛けがたくさん…。

次回は真紀が『早乙女真紀』ではなく、『何者でもない誰か』ということで大波乱の予感…!

いったい自称早乙女真紀はどこの誰なんでしょう?
四角関係も気になるし、真紀と根本の深イイ恋バナもまた見たい!あるかなぁ〜(笑)

次回も見逃せないですねっ!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

【カルテット】第9話のゲストは「ネコ吸い」坂本美雨!いったい何役?

スポンサーリンク



 - カルテット , ,