【母になる】原作はある?脚本家・演出家/主題歌は安室ちゃんに決定!

   

母になる

2017年4月12日(水)22時〜スタートする【母になる】

主演は沢尻エリカさん、主なキャストには実力派女優の板谷由夏さんと近頃女優として活動の幅を広げている小池栄子さん。
その3人が母親役で、それぞれが悩みを抱えながら『母』になっていくという見応えありそうなストーリーです。

今回はそんな【母になる】の、脚本家演出家、また先日発表された主題歌についてご紹介したいと思います。

 

【母になる】あらすじ

2001年春-。両親を亡くし北海道から単身上京した 結衣(沢尻エリカ) は勤め先の書店で大学講師の 柏崎陽一(藤木直人) と出会う。時間をかけながらも二人の距離はゆっくりと縮まっていき、やがて結衣が息子の広「コウ」をお腹に宿したことをきっかけに、二人は結婚する。
陽一の母、 里恵(風吹ジュン) から結衣は温かく迎えられる。陽一の上司である 西原太治教授(浅野和之) も、キャリアウーマンの 莉沙子(板谷由夏) とできちゃった結婚すると宣言。結衣と莉沙子は、母親になる不安を抱えつつ励まし合う。

そして、連続幼児連れ去り事件が世間を騒がしていた2008年の春-。
3歳になった 広(吉武歓) の存在は柏崎家を明るく照らしていた。しかし、いつものように幼稚園へ迎えにいったある日、目を離した一瞬の隙に広は姿を消してしまう-。
時を同じくして、とあるアパートに暮らすOLの 門倉麻子(小池栄子) は、隣の部屋の様子に不審を抱く。ドアを開けてのぞきこんだ麻子はある音を聞いて…。

引用元:http://www.ntv.co.jp/haha/story/index.html

スポンサーリンク



【母になる】脚本家・水橋文美江

水橋文美江さんは1964年1月15日生まれ、現在53歳です。
中学生の時に担任の先生から勧められ児童劇団に入り、その頃から短い脚本を書き始めます。

そして『第3回フジテレビヤングシナリオ大賞』への応募をきっかけに、1990年『東京ストーリーズ』第35回『おろしたての夫婦生活』で脚本家としてデビュー。

その後は『みにくいアヒルの子』や『ホタルノヒカリ』、『早子先生、結婚するって本当ですか?』など多くの作品を手がけています。

 

【母になる】演出家・中島悟

中島悟さんの主な作品には、反町隆史さん主演の『GTO』、そして『きょうは会社休みます』や『世界一難しい恋』などがあり、話題性抜群の演出、と定評があります。

また大好評だった、昨年の24時間テレビで放送されたスペシャルドラマ『盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜』には中島悟さんだけでなく、今回主演の沢尻エリカさん、脚本の水橋文美江さん等も参加しており、同スタッフで作成されるこの【母になる】も期待が高まっているようです。

 

【母になる】主題歌・安室奈美恵/Just You and I

先日【母になる】公式ホームページで、主題歌が安室奈美恵さんの『Just You and I』に決まったことが発表されました!
大好きな安室奈美恵さん!個人的にとても嬉しいです!(笑)

この『Just You and I』という曲は、ストリングスとピアノが美しく重なり合うトラックに、優しくも芯のあるボーカルが響く多幸感溢れるミディアム・ナンバーに仕上がってるそうです。

主題歌に選ばれた安室奈美恵さんは『主題歌のお話を頂き、とても光栄です。かけがえのない存在を想う無償の愛、そしてその愛から芽生える真の強さを歌いました。奥深いドラマの内容に寄り添える楽曲になれば嬉しいです』とコメント。

安室奈美恵さんも息子さんを育てる一人の母親。
大事な息子さんのことを想いながら歌を作ったり歌っているのかなと思うと…早く聞きたくてたまりません!(笑)

スポンサーリンク



まとめ

今回の【母になる】に原作は無く、脚本家・水橋文美江さんの完全オリジナルストーリー!

【母になる】という深いテーマを演出や主題歌でどのように彩られるのか…
キャストやストーリーだけでなく、どこをとっても話題となりそうなドラマですね。

放送開始が楽しみです!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 - 母になる , , ,