【あなたのことはそれほど】いくえみ綾で3回連続ヒットになる?

      2017/03/20

あなたのことはそれほど

スポンサーリンク



逃げ恥』→『カルテット』と、最近好評の火曜22時TBSドラマ枠。

この枠で4月から放映予定の『あなたのことはそれほど

原作は『FEEL YOUNG』に2010年から連載中の人気少女漫画です。

今回はそんな気になる【あなたのことはそれほど】の原作者/脚本家/演出家、について調べてみました!

 

【あなたのことはそれほど】あらすじ

眼科クリニックで医療事務として働く美都(波瑠)は、患者として来ていた涼太(東出昌大)に交際を申し込まれる。涼太は穏やかで優しい人。食事の趣味も合い、なにより美都を一番に考えてくれる。これまで付き合ってきた明るく面白いいわゆるモテ系男子とは全く違うが、居心地のよさを感じる。美都には実家でスナックを経営している母がいるが、涼太はその母のことも大切にしてくれる。仕事もまじめ。結婚相手≒生活をともにする人としては申し分ない。条件もいい。美都だって好きだ。でも一番好きなのは…美都の脳裏に中学の頃好きだった有島光軌(鈴木伸之)が蘇る。自分に別れを告げることなく引っ越してしまった有島君。今でも彼に似た人を見つけるとつい目で追ってしまう。美都はあれから有島と似た男とばかり付き合ってきた。中学の時占い師に「二番目に好きな人と結婚するのがいい」と言われて有島と結婚できないと思ったことがあった…。それが今もずっと心に引っかかっていた。再び占いに行くと「二番目に好きな人と結婚したほうが幸せになれる」とまた言われてしまい…。幸せになりたい美都は涼太との結婚を決意した。
多くの人たちから祝福を受ける美都と涼太。多くの女は皆どこか妥協して結婚するものだと、文字通り幸せな結婚をするが──。
ある日美都は、飲み会の帰り道に偶然“初めての相手”で運命の人だと信じていた有島に再会する…。

引用元:TBS公式サイト

スポンサーリンク



【あなたのことはそれほど】原作者

いくえみ陵

いくえみ陵さんといえば、アラフォー世代の女性誰もが読んだであろう少女漫画のヒット作をいくつも出した少女漫画家です。

  • 『I love her』(1993年~1994年)
  • 『彼の手も声も』(1989年~1990年)
  • 『バラ色の明日』(1997年~2000年)

あたりのマーガレットコミックス(懐かしい!笑)は、当時の女子中高生はみんな読んでいたのではないでしょうか。
そんないくえみ陵さんですが、いまも変わらず素敵な漫画をいくつも連載しています。そしてここ数年で映画化やドラマ化が立て続けに起きているようです。

  • 『潔く柔く』 2013年映画化 (主演:長澤まさみ&岡田将生)
  • 『プリンシパル』 2018年映画化 (主演:黒島結菜&小瀧望)
  • 『あなたのことはそれほど』 2017年春ドラマ化 (主演:波瑠&東出昌大)

いくえみ陵さんの漫画の一番の特徴はモノローグの描写のうまさにあると思います。
初期の中高生向けものも、最近のアラサーが主人公のものも様々な設定でありながらじっくりと表現された心理描写で、感情移入しやすくなっています。
また、単純ではない人間関係と予想しづらいストーリー展開も、人気が衰えない理由になっているようですね。

 

【あなたのことはそれほど】脚本家

吉澤智子

明治学院大学社会学部卒業

出身地:神奈川県相模原市

経歴:CATVアナウンサー兼記者、TV-CM制作AP、新聞社出版広告局勤務

趣味・特技:サッカー観戦 格闘技観戦 ラーメン食べ歩き・ナレーション(TV-CM多数) 手相観

コメディからサスペンス、ホームドラマ、ラブファンタジー、学園モノまで幅広いジャンルを手掛ける。コミカルかつ繊細な人物描写には定評があり、「八重の桜」「下流の宴」「ゆりちかへ」にみられる女性のリアルな本音を感じさせる台詞が共感を呼ぶ。ハートウォーミングでありつつ毒も含んだコメディを得意とする。

一方で、脚本家になるまでに記者職も経験してきたことから、綺麗事ではない社会の”今”を切り取り、物語の中で描くことを心がけている。「Dr.DMAT」も取材を重ね今の医療現場をリアルに描き出した。

引用元:http://sacca.co.jp/?page_id=67

最近では2016年のドラマ『ダメな私に恋してください』(主演:深田恭子) や

2016年年の映画『あやしい彼女』(主演:多部未華子)があります。

『ダメな私に恋してください』同様、漫画原作の脚本なので期待が持てそうです!

 

【あなたのことはそれほど】演出家

金子文紀

金子文紀さんは堤幸彦さんや宮藤官九郎さんとタッグを組むことが多い演出家なようで、
『池袋ウエストゲートパーク』や『ケイゾク』、『タイガー&ドラゴン』などヒット作の演出を多数手がけているようです。逃げ恥にもチーフの演出家として携わっていたようで、かなり期待が持てそうです!!

 

竹村謙太郎

竹村謙太郎さんは『ハンチョウ!』シリーズや『警視庁ゼロ係』など、刑事ものに強い印象。ちなみに2017年冬ドラマの一押し、『バイプレイヤーズ』にも監督として参加しているようで、個人的に嬉しいところです!!笑

 

福田亮介

福田亮介さんは『下剋上受験』、『重版出来!』と最近の作品の他、過去に『ダメな私に恋してください』、『Dr,Dmat』と脚本家の吉澤智子さんとのタッグが多い演出家のようですので、この方も息の合った演出に期待が持てそうですね!!

 

まとめ

最近好評のドラマが続く火曜22時TBS枠で、物議をかもしそうなダブル不倫ドラマということで、始まる前から話題性抜群ですね!

原作自体は主な登場人物は2組の夫婦のみで繰り広げられていますがキャストを見る限り、原作にはない登場人物が多数登場しそうなので、それらのエピソードをどう盛り込ませてくるか楽しみです!!

また、原作の特徴である感情移入しやすいモノローグ描写を映像でいかに表現するかも見どころになりそうですね!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



 - あなたのことはそれほど , ,