【あなたのことはそれほど】第2話 感想 ロケ地はここ!

   

あなたのことはそれほど

2017年4月18日22時〜毎週火曜放送の【あなたのことはそれほど】

第1話ではさっそく美都と有島が運命の再会を果たしてしまいましたね。

そして美都の夫である涼太が早くも狂気的な表情を…怖かったですね〜。

ネット上でも涼太を演じる東出昌大さんが「怖過ぎる」「怪演」と話題になっていました。

予告では美都と有島が旅行に行っているようですが…大丈夫なのか!?

さて第2話、どのような展開となったでしょう。
涼太が狂い出さないか心配!(笑)

今回は第2話の感想と、美都と有島の密会場所をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク



【あなたのことはそれほど】第2話 あらすじ

幸せだが物足りない結婚生活を送っていた美都(波瑠)と、妊娠中の麗華(仲里依紗)を妻にもつ有島(鈴木伸之)。
ふたりは互いに結婚していることを隠したまま、一線を越えてしまう。有島との再会を“運命”だと強く感じた美都は、うっとり浮かれて上機嫌でいた。
恋にのめりこんでいく美都は、夫・涼太(東出昌大)に小さな嘘を積み重ね、自分の携帯電話を涼太が執拗にチェックしていることにも気付かない。
そんな美都に相変わらず優しい顔を崩さない涼太だが疑心は募り、美都の母・悦子(麻生祐未)が経営するスナック店を訪れる。
そこで、美都が占い師から「二番目に好きな人と結婚したほうがいい」と言われたことがあるという話を聞き出すと、笑い飛ばしながらも顔を曇らせるのだった。

一方、有島は里帰り出産の準備をする麗華を気遣い、はたから見れば仲睦まじい夫婦の優しい夫でいた。
里帰りの朝に居合わせた隣人・横山皆美(中川翔子)からも夫婦仲を羨ましがられる麗華。しかし、最近の有島に違和感を覚えていた麗華は意味深な言葉を呟く。

麗華を送り出した有島と温泉旅行に行くことになった美都は、親友の香子(大政絢)に有島との関係を話してアリバイ作りに協力してほしいと頼み込むが…。

引用元:http://www.tbs.co.jp/anasore/story/

【あなたのことはそれほど】第2話 感想 ネタバレ注意!

美都、浮かれてましたね〜。
「奇跡的で必然な出会い、からの宿命の恋。運命!?」
とか言っちゃって(笑)

そして家に帰ってからの涼太!怖過ぎる!
美都が寝てから携帯チェック、前見たときにはなかった「有島光軌」ついに発見してしまいましたよ〜。

だんだんザワキュンの意味、分かってきましたね。
狂気的な涼太でザワザワしてからの…

有島からのメールはセコすぎます!
「昨日の三好20点。」だいぶ空白が空いて「10点満点で」
こんなんきたら誰だってにやけますよね。

夜の花見デートでも…ホテルでも…何でだろう、悪いやつなのに不覚にもキュンキュンしてしまう(笑)

有島は完全にチャラ男?モテ男?確定です。
対する美都は嘘がとんでもなく下手で見てるこっちがハラハラします。

涼太が大阪に一泊で出張となり、麗華は里帰り。
その隙に温泉旅行に行く美都と有島。

私も里帰りで出産しましたが、自分が子ども産んでる間に夫がこんなことしてたら…一生かけて呪いますね(笑)

しかし旅行中に子どもが産まれた有島、美都も結婚していることを告白し…
「よかったー、本当変なやつ」
と有島は言い放ち。

なんて悲しい一言。

でもそれでも美都は世界で1番有島君が好きらしいです(笑)

「浮気で女は本気になる」ってこういうことなんですね!

もう理解不能です!

 

【あなたのことはそれほど】ロケ地はここ!

美都と有島の密会は止まりませんね。
それどころか旅行にまで…。

ということで美都と有島の花見デートと温泉旅行の撮影場所を紹介!

 

目黒川沿いの桜並木

ここは東京では定番の花見スポットですね。
また、ドラマの撮影でも度々使われているようで『最高の離婚』や『カインとアベル』でも使われたようです。

ですがここは有名な花見スポットで、人も多く集まりますので不倫や浮気でのデートには適してないかと思います(笑)

 

熱海温泉『熱海の癒(ゆ)新かどや』

住所:静岡県熱海市小嵐町14−8
景色のいい温泉でしたね。
撮影に使用したのは部屋風呂ではなく『天空の露天風呂』のようです。

こちらは最近話題になった不倫ドラマ『奪い愛、冬』でも使われたんだとか。

『康太ー!』『光ー!』と叫んでいたところですね。

不倫ドラマで多く使われていますが、とてもいい旅館だそうですよ!

スポンサーリンク



まとめ

次回予告ではまた涼太が怖い顔してましたね!

「みっちゃん、子ども欲しくない?」って…。

東出昌大さん、かっこいいの分かってるのに本当にそういう感じの人に思えてきました(笑)

第3話でもザワキュンできそうな予感です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 - あなたのことはそれほど , ,