【A LIFE(アライフ)】柴田由紀役・木村文乃のえくぼがかわいい!

      2017/02/20

A LAFE

スポンサーリンク



2017年1月15日より毎週日曜放送の【A LIFE〜愛しき人〜

主演の木村拓哉さん「SMAP」卒業後初となるドラマ出演で話題の新ドラマで、木村文乃さんに注目が集まっています。

美人ぞろいの『アライフ』出演者の中で、一躍人気の木村文乃さんについて、調べてみたいと思います。

 

【アライフ】あらすじ

医師として駆け出しの頃、親友の思惑により病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光。

10年後、かつての恋人の父(院長)に請われて医師として壇上記念病院に勤めはじめる。10年の歳月を経て待ち受けていたのは、再会した元恋人、親友、そして一癖も二癖もある医師や看護師たち。

人間としての想いが知らず知らずのうちに沖田を、病院内でうごめくさまざまな人たちの思惑や親友との対立に巻き込んでゆく。

引用元:Wikipedia

スポンサーリンク



【アライフ】柴田由紀

木村文乃さん演じる柴田由紀(しばたゆき)は、壇上記念病院のオペナース。

外科医をもしのぐ知識の持ち主で、仕事はできるがその分プライドも高い。

自分の認めた外科医のアシスタントしかやらない、という強い信念があり、常に一流の仕事にこだわっている。

 

【アライフ】木村文乃

木村文乃プロフィール

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本名(旧姓):木村 文乃(きむら ふみの)
結婚後の本名は非公表
生年月日:1987年10月19日
現年齢:29歳
出生地:東京都
身長:164cm
血液型:AB型
事務所:トライストーン・エンタテイメント
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2004年、映画『アダン』のヒロインオーディションでヒロインに選ばれ、2006年公開の同作品にて女優としてデビュー。

2006年5月公開の映画『風のダドゥ』で映画初主演。

同年11月にはNHK大河ドラマ『功名が辻』でテレビドラマ初出演を果たす。

2008年から放送のNHK連続テレビ小説『だんだん』で、三倉佳奈演じるヒロインのライバル・涼乃 役を演じ注目を集める。

その後仕事に恵まれず、アトピー性皮膚炎が悪化したことから女優業から遠ざかり、芸能活動を一時休止。

病院の受付やウエディングの介添えなど、さまざまなアルバイトを経験。

芸能界引退も考えていたが、2010年現の所属事務所「トライストーン・エンタテイメント」にスカウトされ芸能界に見事復帰。

2011年にはドラマ5本、映画3本、CM5本と勢力的に活動を再会。

その後は『梅ちゃん先生』『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』『ATARU』『明日、ママがいない』など、バイプレイヤー的存在でドラマに出演。

なかでも印象的だったのが、草彅剛さん主演の『銭の戦争』で演じた青池梢。愛憎にみちた女の怖さを見事に演じていました。

2016年にはドラマでも出演した『神の舌を持つ男』でヒロイン甕棺墓光を演じ、映画化された『RANMARU 神の舌を持つ男』でも同役で出演。

また同年11月11日、所属事務所が運営する俳優養成所にて、講師として約5年間にわたり演技指導をしていた30代後半の一般男性と結婚。

公私ともに順調のようで、2017年には『追憶』で田所真理役で、2018年には『羊の木』で石田文役で映画出演も決まり、女優として注目を集めている。

 

木村文乃のえくぼはインディアン?

美人と話題の木村文乃さんですが、その笑顔が一部の噂で「整形説」や「アトピーの後遺症」などと囁かれているそう。

いったいどうなんでしょう?

実際の画像がこちら

とっても素敵な笑顔ですが、確かにほっぺたにシワ?にような線が見えます。これが「整形疑惑」になっているようです。

 

実はこれ…

 

 

 

えくぼ」なんだそうです!

「えくぼ」と言えば、ほっぺたの中心辺りに丸い穴のような形が一般的ですが、木村文乃さんのえくぼは「インディアンえくぼ」と言われるそうで、遺伝が主な原因だそうです。

しかし、猫のひげのようでとってもかわいい♪

そもそもがかわいいと、何でもかわいくなるって事ですね!

 

まとめ

今回は【アライフ】柴田由紀を演じた木村文乃さんについて調べてみました。

一度は芸能界引退まで考えた木村文乃さんですが、見事な女優復帰をはたし、一躍ブレイク寸前!

アルバイトをしながら食いつないだ苦労は、女優としての肥やしになったのかもしれません。

今後さらなる活躍が期待される、木村文乃さんの演技に注目です!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



 - A LIFE〜愛しき人〜 ,