【A LIFE(アライフ)】第10話最終回・深冬の命はどちらが救う?ネタバレ注意!

   

A LAFE

スポンサーリンク



2017年1月15日より毎週日曜放送の【A LIFE〜愛しき人】

第9話ではラストに向けて色々動き出しましたね。

ただ私の中で印象に残っているのは、『沖田先生、歳も立場も関係なく付き合える人ができて嬉しいんだと思う。沖田先生には井川先生がいないとダメかもね。』と深冬から言われた時の井川先生の照れ隠しがしきれてないハニカミ顔…こっちまでニヤニヤしちゃいました(笑)

そして沖田の父である一心の『一途一心』の話。
さすが一人前の職人さんの言葉、そして父親です。沖田にもこちらにも響きました!

ラストでは深冬が『沖田先生にオペをお願いしたい』と言い、壮大はかなり取り乱しましたね。
重ねて院長が来て『この病院から出て行け!』と言い壮大は放心状態…。

榊原先生羽村先生計画はどう進む?

深冬はどうなる?

沖田壮大深冬関係は…?

そして井川先生はこのまま沖田派かな?(笑)

見所だらけな最終話、いったいどうなったでしょう!

 

【アライフ】第10話最終回あらすじ

深冬(竹内結子)から手術は沖田(木村拓哉)に任せたい、と言われ激高した壮大(浅野忠信)。夫である自分ではなく、元恋人に命を託したいのか・・・傷ついた壮大は、虎之介(柄本明)らによる糾弾もあり、壇上記念病院から姿を消す。
深冬の手術は沖田に託され、沖田は準備を進める。そして壮大が不在のまま、深冬の手術当日を迎える。万全の体制で手術に臨んだ沖田だったが、深冬の状態が思ったよりも悪かったことを知り─。

引用元:http://www.tbs.co.jp/ALIFE/story/

スポンサーリンク



【アライフ】第10話最終回、感想・ネタバレ注意!

まさか榊原先生がそこまで言うとは…。
羽村先生の『副院長は病院を乗っ取ろうとしている』からの、
『深冬先生のオペが失敗して死ねばいいと思ってる』…。

いくら何でもぶっ込み過ぎでしょ!

壮大は言い訳をする暇も与えられず追い出されましたね。

そしていよいよ迎えた深冬のオペの日。
壮大は戻って来ていませんが予定通りオペは決行。

しかし予想以上に状態は悪く、腫瘍を全て取り除ききれないまま終了…。
やりきれない沖田ですが『1週間以内に再手術して深冬を助ける』と決意します。
ここでも院長は沖田に頭を下げましたね。

娘を助けてほしいという強い思いがまた伝わってきました。

しかし沖田、自分1人では無理と分かっています。
柴田さんにも『何が必要か分かってますよね』と言われ、実家に戻っていた壮大の元へ行きます。
そして『深冬はお前を待っている』と伝え…。

深冬の再手術当日。オペ室の前で壮大を待つ沖田。
壮大…きましたね!
2人でオペをし、見事成功します。深冬、助かりました!

その後の、深冬が壮大に『おかえり』と手を握り合って言うところ…
涙なしでは見られませんでした!

ちなみにこの再手術の時の柴田さん、を演じる木村文乃さんの演技。
状況を把握する為にジーっとモニターを見つめるその演技が私は大好きでした。
すごくリアルな感じが素晴らしかった!あの背中の角度とか!(笑)

そして深冬のオペが終わり、沖田はシアトルに戻ることを決意。
そのことを深冬に伝えた時…本当は抱きしめたかったでしょうね。
でも『会えて良かった』と伝え、振り向くことなく病室を出て行きます。

その後ろ姿が切なかった!

そして沖田に感化されたのか、井川先生も留学すると言い出し、『僕に付いてきてほしい』と、軽く柴田さんにプロポーズ!
軽く断られてましたけど、井川先生最後まで期待を裏切りませんでしたね!

沖田にも付いて行かず『壇上病院ですることがまだたくさんあるので』と言う柴田さんに『じゃあまだ僕にもチャンスがあるということですね!』と返します。
がんばれ!とにかく前向きな井川!(笑)

ラストでは、呪縛が解けた壮大は院長に、羽村先生は副院長に就任。
2人も仲直りできて良かったですね。

榊原先生は父親に会いに行き…こちらも色々と呪縛が解けたんですかね!
最後の榊原先生はちょっと娘の顔してて可愛かったなっ。

スポンサーリンク



まとめ

沖田をシアトルに行かせてどうにか深冬を手に入れた壮大ですが、ちゃんと二人は夫婦になれてたんですね。

壮大は『引っ掻き回してくれてありがとう』と言ってましたが、深冬と壮大がちゃんと愛し合ってる夫婦だということに気付かせてくれたのが沖田先生だと思いました。

もう柴田さんを追いかける井川先生を見れないのは残念ですが…(笑)

色々と大切なものに気付かされるドラマだったかな。

全体的に命と愛、両方をうまく題材としていたドラマだったと思います!

 

 - A LIFE〜愛しき人〜 , ,