ドラマ【100万円の女たち】原作は打ち切り?原作者から無料で読む方法まで教えます!

      2017/04/02

100万円の女たち

4月13日より毎週木曜日深夜1時〜放送の【100万円の女たち】

最近とんがった企画が目白押しのテレビ東京ドラマですが、来期は木曜深夜にドラマ枠が新設されることがわかりました!

しかも今回のドラマは米大手動画配信サービスの『Netflix』との共同制作だそうですが、どんな内容のドラマになるのか調べてみました!

【100万円の女たち】あらすじ

道間慎(野田洋次郎)は売れない小説家。
彼は半年前から5人の謎の美女たちと一つ屋根の下で暮らしている。
コーヒーを愛する家では全裸の女 白川美波(福島リラ)、紅茶を愛するヨガと本好きの女 塚本ひとみ(松井玲奈)、ほうじ茶を愛する礼儀正しい女 小林佑希(我妻三輪子)、アセロラジュースを愛する訳アリ高校生の女 鈴村みどり(武田玲奈)、牛乳を愛する、大物感を漂わせる女 開菜々果(新木優子)。
女たちは家賃兼生活費として毎月100万円もの大金を慎に支払う。
この共同生活にはいくつかルールがあり、彼女たちに対する質問は一切禁止されている。
5人の美女たちの年齢は10代から30代と幅広いが、彼女たちがなぜこの家に集まってきたのか、
普段は何をやっているのかなど一切は謎に包まれている…。しかし、彼女たちとの奇妙な共同生活を通じ、女たちの過去や存在理由などが少しずつ解明されていく…。
同時に彼自身の身にも思いもよらなかった変化が起き始め、彼を取り巻く環境はどんどん変わっていく。
そして、ある日。美女たちとのちょっと奇妙な共同生活に幸せを感じ始めていた慎に、すべてを崩壊させる事件が起きる…。

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/100man/

 

【100万円の女たち】原作者・青野春秋

青野さんは2005年に月刊IKKIにて「走馬灯」でデビュー。
2007年~2012年の「俺はまだ本気出してないだけ」が代表作で、こちらは2013年に堤真一主演で映画化もされています。

ヘタウマ系のゆるやかな絵柄とシュールなキャラクターで繰り広げられる物語が特徴で、情けなくも憎めない人物像をうまく描くマンガで根強い人気がある作家さんです。

原作の「100万円の女たち」は2015年~2017年ビッグコミックスピリッツで連載されており、謎が恋を呼ぶ、異色のミステリー×ラブコメディーとして繰り広げられていました。

原作は完結していて、現在単行本は4巻(最終巻)まで発売中ですので、読んでから見ても面白さが深まるかもしれませんね!

 

原作は打ち切り?

ちなみに原作は連載当時、急に最終回をむかえ「打ち切りになったのでは?」と噂になったようです。

確かに後半にかけて畳みかけるような展開になっているのでそのような感想をもった人がいてもおかしくないような印象でしたが、単行本は書き下ろしもあり、きちんとまとまった内容になっていると思いました。

 

【100万円の女たち】原作無料で読むには?

とりあえず1巻だけ読んでみたいあなたにおすすめなのが『U-NEXT』の無料登録!!

ドラマ視聴でたびたびお勧めしている『U-NEXT』ですが、こちらでは電子書籍の取り扱いもあるんです!

しかも現在、31日間の無料お試しキャンペーン中で、登録すると600円分のポイントがもらえるので、それを利用して有料コミックでも読めてしまいます!

31日間無料トライアルはこちら

こちらは『U-NEXT』新規登録(3分ほどで終わります。)の方限定のサービスですが、ドラマ放送前に読んでおいた方が、より一層ドラマを楽しめると思います!

もちろん、無料トライアル中に解約すれば、お金は一切かかりません!
(解約にかかる時間は1分ほどです。)
U-NEXT

まとめ

私は最初、なんだか暗いし変な設定のマンガだな~、と、あまり気のりがしないまま読み始めたのですが、不可思議な設定や謎が回を追うごとに明かされていく内容で、一気に最後まで読んでしまいました!

とくに4巻の一番最後に加えられている書下ろしの「エピローグ」の内容がなかなか衝撃的で、「○○と○○は同一人物なのではないか」「○○はなぜ名前を変えたのか」など、ネットでの考察も数多くあり、これらの内容がドラマのなかでどのように構成されていくのかも楽しみです!

登場人物も魅力的なのですが、ドラマでは期待通りのキャスティングのようなので、こちらも後日ご紹介できればと思います!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 - 100万円の女たち ,